school architects blog
シルバニアファミリーの家

学生の徹夜に付き添っていて暇があったので、かねてからの宿題、シルバニアファミリーの家を制作しました。台所セットに続く、孫たちへの贈り物その2です。

リクエストは、「トトロの家」

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根はうろこ貼り、壁は下見板張り。すべて木製です。

できました。

27年前につくった、初代シルバニアファミリーの家。スチレンペーパーに薄板貼りなので軽すぎて強度不足でした。一応デザインされているような。。。

今回は、「トトロの家」というリクエストなので、絵本からイメージ借りてます。

勝手につけたドアは、

開きます。フロアヒンジです。初代は蝶番で開いてました。

内部空間は、

ロフト付です。階段はささら桁に段板差し込みディテールです。

 

さて、喜んでもらえるでしょうか。楽しみです。

今までの記事一覧
 
2018年5月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
School Architects
. 建築が環境を破壊するものであることは疑いようもありません。 一方、ある目的のためには、空間が必要であることも事実です。 犠牲にしてまでつくられる空間とは、一体どうあるべきなのでしょうか。空間の「質」は、広さだけの尺度で判断することは出来ません。単なる箱をつくるのではなく、空間のかたちや光、音、雰囲気など、人々にとって、記憶に残るような魅力を持つものを残していきたいと考えます。 次世代から現在の環境を預かっている、という立場に立ち、 建築・インテリア・家具・まちづくりのデザインを行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>