school architects blog
夢の中の雲の中の空間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京デザイナーズ・ウィークに参加するために、学生有志が、新しい空間を考えました。子どもの頃に夢見ていた、雲の中の空間。作品タイトルは、「夢見雲」

 

雲の中。

確かに、中に入って体験してみたいものです。

飛行機の中から見るのではなくて。

 

 

 

CGなどを使って、試行錯誤した結果、

 

 

 

 

 

 

これが材料一式。木材は床のデッキ

京都から東京まで運びます。

 

 

 

空気膜構造は、中に空気さえ入れたら建築の完成。5分で立ち上がります。

思いついたことを形にして、実現してしまう、セイカ建築のデザイン力。 流石というか、それらしくというか、できました。AVCシートを2重にした空気膜構造。

シートの接合は、アイロンで熱融着。

内部空間。雲の中のような、臓器の中のような。

居心地が良いような、悪いような。気持ち良いような、悪いような。

新しいデザインの中には、必ず、ある種の不気味さは宿るものです。

この内部空間では映像が映し出されます。ドライアイスで霧も発生させる夜には幻想的な感じの空間になっていました。

 

シャボン玉もたくさんの虹色になります。

 

床のシートの下には10センチのスポンジを入れているので、フニャフニャ感が。

残念ながら、受賞できませんでしたが、面白がっていただいた複数の企業の方からの引き合いはあり、また、たくさんの子ども達にも大人気でした。子どもが審査員だったら受賞は確実でしたね。

12名の2,3年生学生の皆さん、短期集中の1ケ月のプロジェクトでしたが、授業と平行したデザイン作業、お疲れさまでした。来年は後輩達が1等賞を取ってくれることでしょう。

(写真:葉山勉、太田慎也)

今までの記事一覧
 
2018年7月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
School Architects
. 建築が環境を破壊するものであることは疑いようもありません。 一方、ある目的のためには、空間が必要であることも事実です。 犠牲にしてまでつくられる空間とは、一体どうあるべきなのでしょうか。空間の「質」は、広さだけの尺度で判断することは出来ません。単なる箱をつくるのではなく、空間のかたちや光、音、雰囲気など、人々にとって、記憶に残るような魅力を持つものを残していきたいと考えます。 次世代から現在の環境を預かっている、という立場に立ち、 建築・インテリア・家具・まちづくりのデザインを行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>