school architects blog
1年生 集合住宅のデザイン

 

1年生の後期の第1課題は、「自分の住む住宅」を1週間でデザイン。

その後に各自の案を持ち寄って、3~4人でチームをつくり、同じ敷地で、数世帯で済む「集合住宅」を1週間でデザイン。

 

意外とグループ作業がスムーズに行われている事に感心。

 

 

 

 

 

どんどん、スケッチが描かれて、コミュニケーションを取っています。

 

 

担当する教員は、見守るだけ。勝手に進行するのを見ていました。

 

 

 

さて、今日はその発表会。

 

道路側に、ガレージ、店舗とレストランを配し、奥に3世帯の住宅をつくったチーム案。

アプローチは右端の細くて狭い路地を通って、水面が広がる開放的な庭に出るというシークエンスが考えられています。

ずらされたことによって、できたテラスは各住戸の専用庭になっています。

2階に住む人は店舗・レストランを経営しているので、住宅と2階は結ばれています。

模型は内部までつくりこまれていて、1週間の作業とは思えません。チームで話し合って、案を決めて、図面化や模型製作の作業を分担して、、、、。

外壁をガラスにして、プライバシーの必要な場所には、壁を内側につくり、上部を透かせる、という設計のプロが考えるような事を平気で話す学生。1年生なのに。

出題した、私も矢部先生も、この案に出会えたので満足です。

今までの記事一覧
 
2018年9月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
School Architects
. 建築が環境を破壊するものであることは疑いようもありません。 一方、ある目的のためには、空間が必要であることも事実です。 犠牲にしてまでつくられる空間とは、一体どうあるべきなのでしょうか。空間の「質」は、広さだけの尺度で判断することは出来ません。単なる箱をつくるのではなく、空間のかたちや光、音、雰囲気など、人々にとって、記憶に残るような魅力を持つものを残していきたいと考えます。 次世代から現在の環境を預かっている、という立場に立ち、 建築・インテリア・家具・まちづくりのデザインを行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>