school architects blog
新しい価値を持つ家具

113年生葉山スタジオの最終課題。4年生葉山スタジオとの合同でのスクールジュリーには、建築家の平井純さんを招いて、講評をいただきました。

平井さんはセイカ建築の卒業生ですが、建築設計、インテリアデザイン、コミュニティづくりなど多彩な活動を展開されています。http://www.factory-net.jp/index.html

14伊藤めぐみさんの「行為を覚える知育家具」。磁石とマジックテープで連結できるフレームを30個制作。玩具→知具→家具、という素材の質感や色で遊び、立体に組み立て、机や椅子、飾り台などに実際に使用できるというアイデア。

12面に貼ってあったり、挟みこまれている素材は、布、アクリル、木など。

13伸縮性を持つ面もあり、子どもが喜びそうです。商品化できたらいいのですが。

19金沙紀さんは、机の上に置くパーティションを制作。

18

にぎやかな机前の風景ができました。

17曲面にしたのは、包まれる集中感を求めて。波にしたのは、視線の柔らかな遮断と光のこぼれ方と収納を考慮してのデザイン。上下に連結(マグネット内臓)すると、衝立にもなる優れたデザイン。波の板を1枚作るのに要した時間は2時間!。商品化できたらいいのですが。

16横にしたら、明らかに建築の模型。楽しいアイデアです。

20上枝遥香さんは、現代の床の間をデザイン。室内に奥行きを出すための家具。現代のすっからかんとした味気ない室内に、「奥行き」を持ち込むための家具。

21試行錯誤を繰り返した結果、照明にもなりました。横のパーツを270度回転させると、

22座面がでてきて、椅子とサイドテーブルとして使うこともできます。

4彼女はこのスチールアングルのフレームを作るために、溶接も体験しました。男前ですね。

23野中亜美さんは、縁側から発想した椅子を制作。ひざに畳が当たることで日本の文化を。

耳の後ろにあるカーブした面があることで、周囲の音の聞こえ方が変わります。

25

4色も使っているのに、嫌味ではないのは、おそらく本物の木材を使ったからでしょう。

50南秋穂さんは、絵を描くための新しいイーゼルを提案。シンプルな構造。

24上部が着脱式になっていて、引っ張って取って横方向に差し込むと、飾り台になるアイデア。

6 7しかし、炎天下が続く中、よく制作したものです。アイデアを思いつくのは簡単ですが、それを実物として作ってしまうという、セイカ建築学科の1:1を作るという伝統は今でも守られています。

どれも素晴らしい作品で、商品化したいものです。

今までの記事一覧
 
2018年11月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
School Architects
. 建築が環境を破壊するものであることは疑いようもありません。 一方、ある目的のためには、空間が必要であることも事実です。 犠牲にしてまでつくられる空間とは、一体どうあるべきなのでしょうか。空間の「質」は、広さだけの尺度で判断することは出来ません。単なる箱をつくるのではなく、空間のかたちや光、音、雰囲気など、人々にとって、記憶に残るような魅力を持つものを残していきたいと考えます。 次世代から現在の環境を預かっている、という立場に立ち、 建築・インテリア・家具・まちづくりのデザインを行います。

新しい価値を持つ家具 への1件のフィードバック

  1. 鈴木凜 says:

    見ていてどの作品にも感動しました。特に僕は2つ目の置くパーティションにめをうばわれました。
    この作品は本棚のように家に一つはあってもおかしくないし、その常用性にくわえて包み込むようなデザインは遊び心もあって
    本当に商品化してほしいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>