school architects blog
バウハウス校舎

1バウハウスの初代校長、建築家 ワルター・グロピウス(1868-1940)設計の、私立バウハウス・デッサウの校舎。1926年。 デザイナーであれば、誰でも知っている、モダニズムを牽引した、バウハウスの校舎。

グロピウスは、ペーター・ベーレンス事務所で修行を積んだ後、ロシア構成主義やオランダのデ・スティルからの影響も受けて、建築のみならず家具を含めて、自身のデザインを展開し、生活の中に芸術はある、という主張のもとに、マイスター教育制度を取り入れながら、デザイン活動と教育活動を一体化して実践しました。彼は、1928年にハンネス・マイヤーに校長の椅子を譲りました。

バウハウスは1919年にドイツ帝国が崩壊した後の、ワイマール共和国に国立バウハウス・ワイマールとして設立され、1933年にナチスによって閉校するまでの、「たった14年間」の活動を行った教育機関。バウハウスが後世に与えた影響を考えると、凝縮した密度を持つ14年間だった事は疑いようもありません。

ベルリンから1時間に1本出る特急電車で90分。往復14.5ユーロ。安い。アメリカ、フィンランド、オーストリア、ノルウェーでは考えられない物価。 学生にとっては、安い方がいいので大歓迎です。  ベルリンからこの街に通学する事も可能で、そうしている学生も多いそうです。

2裏側。正面と同じように、形の構成がしっかりデザインされているので、見ていて飽きません。

白い基本的な塊、付加した色が濃い部分(付加したから、上部は白い塊よりも下げてあります)、  1階部分と上階部分の切り離し(上階が出ている)、その1階の壁を延長して、塀に。         見事に上手です。お手本です。

3カーテン・ウォールのサッシ。

4右は居住棟。デザイン構成上でバルコニーが回り込ませてあります。                   機能的な意味はあまりないけど、そう、したかったんですよね。わかります。

41普通に見えていますが、やはり美しい。妻面のサッシは壁からあえて、出しています。

43

42出入口のある部分は、上階も含めてデザイン。入口であることのアピール。大事な事。

5居住棟のバルコニー。ユトレヒトにある、リートフェルトのシュレーダー邸を思い出す構成です。

53階段室。中央とサイドの振り分け方のプロポーション。

52踊り場。おそらく黄金比を使った窓割。日本の障子の桟とほぼ同じプロポーション。

6ホール。

7廊下。

51大講義室への入口。

50このドアの球状の取っ手は、ドアを開くと横の壁の凹の球に入って、ドアを開けたままで固定されるというアイデア。脱帽。

44カフェからは、企画展ギャラリーが見えるようになっています。この部分を名付けて、「マルセル・ブロイヤー ラウンジ」。 ブロイヤーがデザインした椅子が置いてあるだけですが。

46バウハウスの歴史を展示しているスペース。無料。

12

 

ひいき目なのでしょうか、スイッチも電源プラグも、ドア取っ手もラジエターも、みんなデザインされているように思います。

機能的なものは美しい。というメッセージ。

 

 

11

49

特別に、ゲストハウスも見せてもらいました。1部屋 35~55ユーロで泊まれます。安いです。    次回もしも来る事があったら、必ず予約しましょう。

8

47

あの飛び出したバルコニーへ出ることができます。かなり怖いけど。ドアを開けているのは、ペーター・ルーゲ教授の設計事務所のスタッフで、アリソンさん。ベルリンから案内してもらいました。    彼女もここの大学の出身で、学生の時からの建築家ペーター教授の弟子です。

10

9

48

今でも開く排煙窓。

13

ショップにあった、合板製の折り畳み椅子。アイデア、いいですね。

大戦で、かなりの損傷を受けた建築ですが、戦後にオリジナルな状態に復元されて、当時のインテリア、家具、照明が再現されています。世界遺産です。

ここで学ぶことができる学生達は、本当に幸せでしょうね。デザイナーであれば、何回来ても、その都度、発見があるような予感がしました。

今までの記事一覧
 
2018年10月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
School Architects
. 建築が環境を破壊するものであることは疑いようもありません。 一方、ある目的のためには、空間が必要であることも事実です。 犠牲にしてまでつくられる空間とは、一体どうあるべきなのでしょうか。空間の「質」は、広さだけの尺度で判断することは出来ません。単なる箱をつくるのではなく、空間のかたちや光、音、雰囲気など、人々にとって、記憶に残るような魅力を持つものを残していきたいと考えます。 次世代から現在の環境を預かっている、という立場に立ち、 建築・インテリア・家具・まちづくりのデザインを行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>