school architects blog
ヘルシンキ・オリンピック・スタジアム

11940年にオリンピックが開催されるはずだったのに、戦争で1952年に延期。建物は1940年。 そのメインスタジアムです。僕の印象として、隣国であり、1917年にフィンランドが独立するまで属国であったロシア帝国で1910年から始まった、ロシア構成主義の影響を肌で感じました。建築のボリュームを構成する手法が、構成主義的なのです。カッコいいし、わかりやすいのです。

2扇型に、あえて、エッジを見せて連続させたデザイン。飛び出したバルコニーがアクセントに。  パリの、J・ヌーベル設計の、ケ・プランリー美術館を思い出します。(という事は形態デザインとして70年間進歩がないと?というよりも、建築の見せ方の基本だと言ったほうがいいでしょうね)

3この形態が、ぐるっと廻っています。

41柵を越えて勝手に入ったスタジアム。正面に今どきの電光掲示板。今は雪のために使用不可。

4

5

両ウイングにある、大屋根のスラブはかなり薄いです。

展望タワーの階段室を露出させているので、塔の単調さは避けられています。少し上手。

 

 

 

 

 

6

7施設のエントランス。70年前の時代を感じます。

8屋内練習場の一部。

9展望タワーから見た市街。北側。

10展望タワーから見た市街。南側の中心部。教会の尖塔などが見えます。この展望台は中心部からは3キロくらい離れている郊外なので、中心市街を見下ろすことはできないので残念です。

この建築の他にも、ヘルシンキには、いくつかのロシア構成主義や、ロシア・アヴャンギャルドと呼ばれた、建築の外観構成を見ることができます。

1でしょう。ヴェニスン兄弟のようなデザイン。モスクワの、プラウダ本社ビルと似ていますね。

2この塔屋のデザイン的扱いなど、そのまま。でも、今でもそのまま残されていることもすごいことだと思います。この商業建築は建築ガイドブックにも載っていません。

3この建築もそうですね。プロポーションもそうだし、形で丸窓を使うところも、そのままロシア構成主義。僕は個人的に好きなので、うれしくて観るたびに構成を分析していました。デザインした建築家の気持ちになって。全体構成、上下の段階的構成、窓の配置構成、アクセントの置き方、線の出し方。例えばこの建築だけで、僕はすくなくとも1時間は説明することができます。かたちの構成は、自然のかたちの作法から始まって、モノを見る時の気持ちの動き、プロポーション、などなど多岐にわたった複合的な事。そんなことを、一所懸命、デザイナーは考えているんですね。

4そして、塔屋部分の全体ボリュームとの関係付けも。縦、横、垂直面、水平面、その面毎の材料、色。まさしく、構成されています。この構成主義の建築は、無駄に最上部の屋上の屋根や壁が飛び出すことが特徴なのです。建築形態を、「形のおさまりの問題」として解いているので、どこかに機能的には無駄な部分が出現してしまうのですね。でも、デザインしている設計者の気持ちが良く読み解けるので、僕は好きです。

オリンピックスタジアムから、離れてしまいましたが、デザインすることを意図して行う行為は、おそらく人間だけがしている行為。ということは、身の周りにあるモノを整理整頓することから始まる、「デザインする行為」を行うことは、人間であることを証明する行為なのかもしれません。   (102)

 

今までの記事一覧
 
2018年12月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
School Architects
. 建築が環境を破壊するものであることは疑いようもありません。 一方、ある目的のためには、空間が必要であることも事実です。 犠牲にしてまでつくられる空間とは、一体どうあるべきなのでしょうか。空間の「質」は、広さだけの尺度で判断することは出来ません。単なる箱をつくるのではなく、空間のかたちや光、音、雰囲気など、人々にとって、記憶に残るような魅力を持つものを残していきたいと考えます。 次世代から現在の環境を預かっている、という立場に立ち、 建築・インテリア・家具・まちづくりのデザインを行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>